home  |  bbs  |  illust  |  photo  |  music  |  profile  |  link  |  mail
Calendar
2008.4
sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 ≪ prev next ≫ 
Recent Entries
(2/23) J5デジタンZ6
(2/22) おペ作〜モーター編②
(2/21) おペ作〜モーター編①
(2/18) イエローパーカー
(2/11) 今日の裁縫
(2/9) F800ニコイチ
(1/27) 100均かご把手
(1/15) おぺ作〜開始編
(1/14) ふぁみぺい
(1/12) NTP電波時計ナントカ
(1/7) 七草がゆ
(1/4) トリッパ!
Recent Comments
(9/12 ryna)→ラムチョップ焼いちゃいました
(9/11 ラムチョッポ)→ラムチョップ焼いちゃいました
(5/14 ryna)→復活の林檎
(5/13 macpro5.1)→復活の林檎
(5/13 ryna)→初代MacProのグラボ
(5/12 macpro5.1)→初代MacProのグラボ
(5/11 ryna)→初代MacProのグラボ
(5/11 macpro5.1)→初代MacProのグラボ
(5/11 ryna)→初代MacProのグラボ
(5/11 macpro5.1)→初代MacProのグラボ
Recent BBS Entries
(7/23 ryna) おめでとーありがとー
(7/23 梨音) おめでとうありがとう…ん!?
(7/23 ryna) おめありでーす
(7/23 梨音) おめでとうありがとう(笑
(1/5 ryna) ことしも
(7/14 ryna) 新アイコン
(6/6 ryna) PHPバージョン
(3/12 ryna) 追加っ
(3/12 ryna) 禁止ワード
(5/9 ryna) おひさしっ!

 ミジンコ大作戦〜LABOPHOT編
今まで、ミジンコ検鏡・撮影には、母の日常顕微鏡であるオリンパス製の学習用クラスのものを使ってました。
「家にもう1台、Nikonのいいのがある」ってんで見てみる。

で、これ。LABOPHOT。
自分用の顕微鏡が1台欲しいかな〜、なんて思ってネットを漁ってたんだけど、このクラスのものになるとバカ高! ということで有り難くお借りします。

そうすると、まず、接眼レンズの鏡筒が「JIS鏡筒」ってやつじゃなくなって、前の顕微鏡で使ってたビクセンのアダプターが使えなくなる。
これは、上記写真ですでにカメラがくっついてますが、家にあったケンコーのアダプタで接続できました。
単眼鏡のようなものを付けるときに使うアダプターですね。これを使ってデジタンできそう。
COOLPIX 995用ということで母の所蔵品にあったようですが、デジスコ用のCOOLPIX P5100は専用のフィルターアダプターをつけると995と同じフィルター径28mmなのです(このあたりの情報、食いつく人が多そうだ)。
しかし、COOLPIX P5100はNikonつながりでいいのですが、シャッターを半押しするまで絞りとフォーカスが勝手に動き続けたり、液晶に表示される明るさが撮影結果と全然違ったりして、やりづらいのです。特に絞りが動くと、光軸の微妙なズレからか、視界に陰ができたりして見えなくなる。
とりあえずP5100をつないでおきつつ、RICOHのCaplio GX100の43mmのフィルター径を28mmに落とせるように機材集めに走ります。


次に、暗視野検鏡用に自作したスリット群が、ちょっと仕様が変わるので作り直しになります。
まずは、前の顕微鏡の時と同様に、コンデンサーレンズの絞り羽根直下をねらいます。
ここ。
前回はティッシュ箱にコンパスで線引いてカッターで切ったりしたんですが、今回はIllustratorで図面を書いて、厚手のプリンタ用紙に印刷してみることにします。
紙を探していたら、「何かに使えるかも」と買っておいたOHP用紙を発見。こりゃ〜使える♪

試作品完成。
コンデンサーレンズユニットを外して、2つ出っ張ったツメ部分を輪ゴムで留める仕様。
しかし、結論として、これは失敗作。
視界を黒にしたり青く透かしたりは出来たけど、光が回り込まないので検体に光が当たらない。

作戦変更で、光源部分にスリットを置くことに。
幸い、この顕微鏡は光源がこの「窓」の位置にはなく、奥の方から横向きに照射された光を上向きに反射しているようで、この位置は熱くならない。
OHPフィルムを使って……こんな感じ。
遮へい部分の径の調整で難航。
どうやら22mm〜24mmぐらいの径がいいようです。

ん。おっけ〜♪ ちょっと周辺の減光が気になるかな?

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ところで、何回もスリットを作り直して試すのに、生きたミジンコを使っていては可哀想なので、水槽下の方の堆積物をプレパラートにしてました。
このモジョモジョしたものを食べている微生物が多いですが、黒い点はミジンコの複眼?
死んでしまった個体も、ちっぽけな水槽の食物連鎖の一部になってるんですね。
 comments
name:ryna (2008.4.27 14:45)
周辺減光は、光源の絞りのせいだったようですね。
開けたら解決しました。
要は、遮へい部の径が大きすぎると、中央まで光が届かなくなったりするみたい。
今は26mmがいいという結論に。
このEntryにコメントする
name:
comment:
※name,commentは必須です。
nameをブラウザに記憶させる
このEntryへのリンクURL:
Information
about "Gallery ryna"
ryna's Gallery
illustration gallery
photo gallery
music list
Links
■ お友達サイト
らくてんまるのあな
ladyluck games
Fulcrum
王様と小ゾウ
Kousin×3
きまぐれTの個人的(?)情報発信
SUZU-NET
CROWE
おえかき上達への道
Cybergal Studio
イミアリスケッチ
めーたんブログ。
teadays
■ Collaborate
PokePoke
R3Project
■ デジカメ関係
キヤノン株式会社
株式会社ニコン
FUJIFILM
PENTAX
株式会社リコー
エプソン
TAMRON
SIGMA
スリック
ベルボン株式会社
ケンコー・トキナー
ハクバ写真産業株式会社
マルミ光機株式会社
株式会社エツミ
raynox
ワールドルーペハウス
LAMDA ラムダザック
Adobe Systems
市川ソフトラボラトリー
SILKYPIX
GANREF
DIGISCO.COM
でじすこや
デジスコ倶楽部