home  |  illust  |  photo  |  music  |  profile  |  link  |  mail
Calendar
2014.4
sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 ≪ prev next ≫ 
過去のEntry
Recent Entries
(2/23) J5デジタンZ6
(2/22) おペ作〜モーター編②
(2/21) おペ作〜モーター編①
(2/18) イエローパーカー
(2/11) 今日の裁縫
(2/9) F800ニコイチ
(1/27) 100均かご把手
(1/15) おぺ作〜開始編
(1/14) ふぁみぺい
(1/12) NTP電波時計ナントカ
(1/7) 七草がゆ
(1/4) トリッパ!
(1/2) 書き初め
(1/1) 新年!
(12/24) めりー!
(9/13) 中秋の名月
(9/3) あにばーさりー
(8/3) いたばし花火大会-3
(8/3) いたばし花火大会-2
(8/3) いたばし花火大会-1

3DプリンタでCOOLPIX P340のデジスコブラケットを作っちゃおう作戦、略して「3D大作戦」。ちょっと「まずったかなー?」という事態?

今回発注したブラケットは、P340の鏡胴が最も長くなる120mm(35mm換算)の位置でギリギリとなるように設計してます。
デジスコは中望遠域を使うのが割と良いかなー、ってところがあるけど、ズームしすぎてレンズエラーになるようだと煩わしいだろうな、と思ったので。

ただ、P340には、あらかじめ使用するズームポジションを登録しておく「ズームメモリー」って機能があったようで、これを使うとレンズエラーになるような長さになるのを防ぐことができそう……?

↓「ズームメモリー」

その下の「起動ポジション設定」というのを使うと、カメラを起動したときのズーム位置も決められる。

「ズームメモリー:ON」にすると、ズーム位置がステップ式になって、チェックの入っていないズーム位置に移動しなくなる。

P340の鏡胴は、最広角端の24mmである程度の長さまで伸びて、50mmまでズームすると徐々に短くなり、そこからは長くなりはじめて、120mmで最長となるような仕様。
そんで、無理な力がかかってズーム機構が壊れたりするとイヤなもんで、120mmに合わせて設計しちゃったんですが、この機能を使って、どうせケラレが発生する24〜28mmと、最望遠でちょっと画質が落ちそうな120mmにいかないようにすれば、もうちょっとカメラのレンズ先端と、スコープの接眼レンズを近づけられたんじゃないかなー、と。

↓「起動ポジション設定」を35mmにして……

↓こんな感じでフィルタリング。

この設定にすれば、フルレンジで使える設定よりも鏡胴の伸びが短くなる。
ステップアップ・ステップダウンのリングや、エクステンションチューブなんかを使ってクリアランス調整できるように、短めに設計しておけばよかった。長くすることは容易なのに……(出力も安くなるかも、だし)。

で、短くして作り直したい気持ちがズンズンきてしまいましたが、まずは初号機の完成を待って、接合部分なんかも見てから、ですよねえ。
どうも短気なもんで、いろいろ早く試したくて、気持ちが落ち着かないぜーっ。
Information
about "Gallery ryna"
ryna's Gallery
illustration gallery
photo gallery
music list
Links
■ お友達サイト
らくてんまるのあな
ladyluck games
Fulcrum
王様と小ゾウ
きまぐれTの個人的(?)情報発信
おえかき上達への道
イミアリスケッチ
めーたんブログ。
teadays
■ デジカメ関係
キヤノン株式会社
株式会社ニコン
FUJIFILM
リコーイメージング株式会社
エプソン
TAMRON
SIGMA
スリック
ベルボン株式会社
ケンコー・トキナー
ハクバ写真産業株式会社
マルミ光機株式会社
株式会社エツミ
raynox
ワールドルーペハウス
LAMDA ラムダザック
Adobe
市川ソフトラボラトリー
SILKYPIX
GANREF
DIGISCO.COM
でじすこや
デジスコ倶楽部